月曜日, 8月 3
Shadow

タグ: 医療従事者

医療従事者が心を平静に保つためのコツ

医療従事者のように人の生死と向き合う機会が多い仕事に就いていると、次第に心が疲弊します。 自分が関与した人の死には程度の差はあれど悲しみを感じるものなので、その状況が頻発することで精神的に参ってしまうことは少なくありません。 仕事だからと割り切ることができれば問題ないのかもしれませんが、加減を誤ると人の死を軽視する無責任な考え方になってしまうので注意しましょう。 人の死に対して悲しみを感じるのは自然なことなので、まずは、その悲しみを受け入れることから始めましょう。 そうすることが、心を疲弊させないための第一歩です。 そして、悲しみを乗り越えるために、自分の仕事に対して責任と誇りを持つようにして、仕事に対して真摯な姿勢で取り組むようにしてください。 そうすることは、人の命への敬意に繋がります。 医療従事者は、他の職業に比べて、多くの人に死に接する機会が多くなります。 ですから、悲しみを感じることを否定せず、その一方で悲しみに囚われないように心がけることが大切なのです。 この点は理屈よりも経験が重視されるので、経験が浅い人には難しいかもしれません。 最初のうちはどうしても悲しみのほうが強くなると思いますが、それを踏まえた上で、その先を見据えることを忘れないようにしましょう。 医療の仕事に携わる以上、人の生死と向き合うことは決して避けられません。 ですが、それを受け入れて感情を上手くコントロールできるようになると、自分自身の成長につながるはずです。